FC2ブログ

ぱぬるーOnline

ぱぬるーのRagnarokOnlineとかの日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
10/11 Loki GvG
SEへお散歩




中の人数:34
参加キャラ数:37
お猿の人たちとりんかさん達とあさひんさん達が助っ人で来てくれました。
中の人数で半数助っ人!




大学院のバーベキュー大会に行ってて遅刻でした。
皆は徒歩でL5に行っていた様子。
確保→防衛→割り放棄だったのかな?

<20:17:34> 砦 [Luina Guild 5]を [Children Eat Nightmare] ギルドが占領しました


ここから準備終えて合流。
偵察から選んだ先がV3。
防衛がFAST、攻めにTP他。
M3で暫くTPとやりあい、隙を見てER突撃でした。
M3は押したり押されたりでEMC合戦。
ERは1段目を制圧してから押そうとしますが、崩せずにいました。

途中でセレ(派遣1G?)と他幾つかが追加。
M3でほぼ三つ巴の状態に。
2つの勢力に挟まれると崩されてしまうので、
立ち回りが難しい状況が続きました。
21時頃にERに一度攻めた後転戦。


今回はキャラが40弱いたので、SE方面を偵察。
青冠が守るN砦2つのうち、N5へ行くことに。
N方面は多少ラグがありましたね。
入り口を抜けて第2守護付近でEMC、割り。
続いて第1守護前の防衛を抜けて割り、バリケ戦へ。

第1バリケに着くとCDTがバリケ右寄りから攻め。
青冠の他Gも戻ってきたのでCDTとやり合っても無意味かと思い、
バリケ左寄りに陣取って攻撃。
後方から来る転職等を抑えつつ、1バリ、2バリをそれぞれ壊します。
3バリケが壊れそうな辺りでCDTと暗黙的に共闘破棄。
3バリケが壊れてからは割り勝負に勝ち、防衛へ。

<21:30:10> 砦 [Nidavellir Guild 5]を [Children Eat Nightmare] ギルドが占領しました

とりあえず3バリケを修復した時点で青冠が押し寄せてきたので、
他はまだ直さず3バリ前での防衛に。
自分はやることがなくなったのでここから終始FEの偵察へ。
この後はらーめんが追加で青冠と争ったりしてたみたいです。
りのせぴのMN、Muが来たとの事で一度N5へ戻り、
時間稼ぎで第2バリケを直した直後に3バリケが突破されたので転戦。


残り8分で転戦先はL2。
偵察時はどこかが防衛してたけれども、渡り鳥確保防衛に変わってました。
M3でEMCして、まずは相手のリセット目的で突撃。
砦前で待機していると、リセットされる前にほぼ制圧できたとの報告が入ったので、
自分は更に追加を狙って他砦を偵察へ。
直後、渡り鳥が2GEMCして突撃してきた模様。
先ほどの攻めでアタッカーがLK1人しか残っておらず、
割る前に敵に処理されて割られてしまいます。

<21:58:02> 砦 [Luina Guild 2]を [ ω] ギルドが占領しました

取り返しに急ぐも、エンペ付近でEMCした直後に終了し、宿無しでした。




■感想・反省とか
すごい人数でしたね。
正直扱いきれてなくて、助っ人で来てくれた方々には申し訳なかったです。

V3
こんだけ助っ人詰め込んでTPとほぼ対等でした。
反射対策もされて厳しかった!
セレ追加になってからは、前回の大混戦と同じように
自軍の立ち位置が課題となりました。
FAST防衛は、ADSへの対処が出来ずに1段目から押し込めませんでしたね。
今回はER攻めがまちまちでしたが、何度も攻める時があれば、
1回の突撃ごとに敵防衛の要所を見極めて崩していきましょう。

N5
攻め自は比較的スムーズに事が進みましたね。
あまり回収のEMCをした記憶もないです。
防衛に関しては全く見てないので何とも・・・。
個人的にはあのラグが、昔のGvを思い出させてくれて楽しかったです。

L2
完全に自分のミスでした。
いつもの倍近い規模で欲張って、
安全確認する前に他狙いにいってしまいましたね。
メンバーの生存状況等をしっかり聞いて一度回収のEMCをしに行けば、
十分安全に割りが出来て取れていたはずでした。
しっかりしよう。

指揮に関して
SE砦で特に、指揮者と自分がSE体験3、4度目ということもあり、
助っ人陣に指示を任せてしまって混乱を招く結果となってしまいました。
「いける」、「いけない」、「直して」、「いやまだ早い」、
誰か一人に最終決定権がないとこうなる事は明白だったので、
分からなくても決める覚悟を持って指揮をしなければいけませんね・・・。

ボイスチャットに関して
CENメンバや助っ人で来てくださる方々全員へ。
マイクを使って話してくれることは非常に助かります。
ですが、音声というのはその人の感情がダイレクトに全員に伝わってしまうので、
戦闘相手を卑下したり、舌打ちやイライラした声色などが、
全軍の士気に大きく影響してしまいます。
もちろん軽い雑談などはして頂いて結構なのですが、
基本的には何の為にボイスチャットを導入しているのかをよく考えて頂きたく思います。
もしまずいと判断した場合にはマイクミュートをお願いする事もありますので
是非ご理解頂けたらと思います。


来週からはまた少人数!
1からがんばっていきましょい。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。