FC2ブログ

ぱぬるーOnline

ぱぬるーのRagnarokOnlineとかの日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
4/18 CEN GvG
参加キャラ数:24
中の人数:19
王G使用、自分はLKで参戦。
助っ人3名でした。



開始偵察からL4、食い逃げ防衛へ。
M3に徒歩集結中に食い逃げが割り逃げ。
こちらも割って転戦。

<20:09:52> 砦 [Luina Guild 4]を [Children Eat Nightmare] ギルドが占領しました


L5
どこだか防衛だったのが割れて、食い逃げ防衛に。
攻め被りにEP。
エンペ高台付近の攻防になり、何とか排除して割り。

<20:25:46> 砦 [Luina Guild 5]を [Children Eat Nightmare] ギルドが占領しました

防衛へ。
攻めに食い逃げ、エンドレス。
食い逃げの早い回転に消耗し、補給の合間を取れずじわじわ押されてSWソロで割れ。

<20:40:11> 砦 [Luina Guild 5]を [Silver Wing] ギルドが占領しました


V2、M3EMCからあんずりんご防衛へ攻め込み。
崩して確保した後、ER放棄でM3へ広く展開。
自分は他偵察へ。


V2が終始暇だったようなので、B4DoG防衛へ。
入った瞬間割れてレース化、転戦。


B5、へ協&夢罠攻防へ。
ERを確保していたへ協を崩し、確保。
エンペ付近で防衛へ。
両サイドに分かれてへ協と夢罠が攻めてくるも、
EMC回収を挟みつつ押し返して対応。
攻めにSAが追加され、崩されたところで補給&偵察へ。


L5、DoG防衛へ。
ロキあり、メテオ&ADS痛めの防衛。
数度突撃を繰り返すも、火炎陣などで足止めされて抜けられず。
方針をロキ崩しに変更。
ロキ冠を落としてLPを敷き、M3での回収EMCを挟んで即突撃。
お構いなくの人&食い逃げが攻め手に加わり、奪い合いへ。
後ろから来る食い逃げに対して味方の数が少なかった為、
マスターは砦前待機し、お構いなくの人に何とか割ってもらおうと応戦。
おかまで割れ。

<21:48:54> 砦 [Luina Guild 5]を [お構いなく] ギルドが占領しました

M3でEMCするも、食い逃げのEMCの方が早く、ERに先に陣取られる。
防衛配置にはまだつけていなかったようで、
そのまま一気に攻め込んでリセット役も処理し、確保。
食い逃げが続行してくるもほぼWPで押さえ、
ぱしりのWPEMCなども排除して56分頃から攻め手0に。
マスターを他砦に派遣してぎりぎりにリセット。

<21:59:07> 砦 [Luina Guild 5]を [Children Eat Nightmare] ギルドが占領しました

L1にEMCで呼ばれるも、時間が足りずERに入る前に終了。
L5シングルでした。



□感想・反省とか
はじめプリ0でどうすんのどうすんのって状況でしたが、
神助っ人1名と、主力砂のうっちがHPにチェンジする事で何とかなりました。

L5(前半)
はじめの方は少しまとまりに欠けていましたね。
イナバが硬い砦は、ER入ってからも出来るだけまとまって動きたいところ。
防衛は、WIZ1でうまくやっていたと思いますが、
逆突等を織り交ぜて補給タイミングを確保したかったですね。

B5
方針なしで広いERを各自好き勝手に動いていたと思います。
一人相手に厄介なチェイスがいて、やっぱりチェイスいいなあと思いました。
個人的な反省としては、ガーターも把握せずに勇者BBしすぎました/(^o^)\

L5(ラスト)
ロキ崩しまともにやったの初めてかもしれませんね・・・。
割とスムーズに連携取れて出来たと思うので、
今後も良かった点忘れずに出来るようにしたいです。
ロキありと無しとでER攻略の難易度が全然違いましたね・・・。
おかまの人に割ってもらおう作戦は、機転が効いていて良かったと思います。
割れた後結局相手のが早かったけど、気にしない!
Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/22(木) 18:22:13 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。